ニュース

ピーナッツチェック商標登録とスルメチェック商標登録

ピーナッツチェック

ピーナッツチェック完成義歯の一歩手前の段階、つまりロウ義歯(土台がロウでできた入れ歯)の段階でピーナッツを噛み砕いていただきます。
本来ならば土台がロウで出来ていますので人工歯が外れて全く噛むことができません。
瓦を素手で割るのと同じく少しの狂いも許されないことです。

このロウ義歯でピーナッツを粉々に砕くことは
力の分散がなされた義歯であるということが証明されています。
このチェックを行ってから義歯を完成していきます。

スルメチェック

スルメチェックピーナッツチェック商標登録が成功すると、完成義歯へと進むことが出来ます。
ろう義歯からレジンという樹脂に置き換えますので、ほんの少しの調整が必要となります。

わずかな噛み合わせのずれでもスルメを噛むことは不可能です。
完成義歯では以下の3つのテストを実際に私たちの前で行っていただきます。

お茶には味覚を損なっていないか
スルメには磨り潰すことが出来るか
茎わかめには食感を味わっていただく


上記3つのテストで問題がなければ
この義歯は「今の生体に合っている」ということを患者様自身が
チェックしていただくことができるのです。

また遠方の患者様には、実際に食事をして頂き、再度噛み合わせの確認、調整を行っております。

ピーナッツチェックとスルメチェック

ピーナッツチェック商標登録、スルメチェック商標登録
大阪歯科センターの商標登録です。


みやの歯科医院